· 

眠りの学習(お子さまの眠りと脳の成長)

睡眠リズムによる幼児期の認知(高次脳機能)への影響

睡眠の規則性不良による症状は多岐にわたり、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的鼓動障害などの認知障害等で脳の損傷部位によって特徴が出ます。

 

感情がコントロール不良(すぐキレる・暴力をふるう)

固執(こだわりが強い、切り替えが悪い)意欲低下(やる気が出ない)

 

睡眠リズムの悪い子どもは、感情・感覚・記憶・動作などに影響が出ることがあります。

 

和洋女子大学の鈴木みゆき先生による園児226名を対象に睡眠の規則性と脳機能の発達についての調査結果